ホーム > 看護部案内 > 3階A病棟

3階A病棟(外科系病棟)

部署の内容や特色、患者さんの傾向などについて

40床の外科病棟です。主に消化器の周手術期(良性から悪性疾患)の患者さんで、炎症性疾患の緊急入院も積極的に受け入れています。手術後の全身・ドレーン管理と共に、早期離床を意識して看護しています。入院直後から退院後の生活を視野に入れ、医師・リハビリ・管理栄養士・MSWなど多職種と協働し、チーム医療を展開、早期退院(社会復帰)を目指し日々奮闘しています。

部署の雰囲気や取り組みを紹介してください

看護師の平均年齢が32歳と明るく活気ある病棟です。緊急入院、緊急手術、処置など突発的な事案も多いですが、フットワークが軽く、スタッフ全員で協力して対応しています。
外科看護師の経験がなくても、個々に合わせたフォローができるよう心がけています。
多職種カンファレンスを通して情報共有、問題提起・解決を行っています。医師をはじめ、多職種とのコミュニケーションは積極的にとっており、関係性も良好です。

看護師長より

優しく明るいスタッフに囲まれています。新しい意見や方法を受け入れる柔軟性と積極性のある病棟なので、中途入職者にも働きやすい環境だと思います。終末期の患者さんも多いため、個々に合わせた緩和ケアと家族ケアが行えるよう、今年度は自己研鑽を積むことに力を注いでいます。
患者さんにもスタッフ同士でも、他部署スタッフに対しても、心ある言葉・態度で接し、思いやりのある病棟でありたいと日々思っています。

新人さんに聞きました~どんな職場ですか?

優しく時に厳しい、頼りになる先輩がたくさんいます。分からないことや困ったことを相談しやすいです。また、一人一人のペースに合わせて、その日の患者さんを割り振ってくれるので、自分のペースでレベルアップでき、あせることなく仕事ができます。多くの知識・技術が必要なので、とても勉強になります。

看護部案内

応募フォーム

資料請求

このページのトップへ