ホーム > 看護部案内 > 3階B病棟

3階B病棟(内科系病棟)

部署の内容や特色、患者さんの傾向などについて

患者さんは、70歳後半から90歳代の方が多くいらっしゃいます。消化器内科を主とした病棟ですが、一つの疾患だけではなく循環器、呼吸器、代謝系、神経系など併せもって入院されている方がほとんどです。幅広い知識・経験とアセスメント力が必要です。

部署の雰囲気や取り組みを紹介してください

病棟は、ケアやナースコールが多く、忙しいですが、スタッフは20歳後半の若くて(?)元気なスタッフが多いです。患者さんからは「優しくて話をよく聞いてくれる」とお褒めの言葉をいただいたりもします。
今年取り組んでいることは、患者さんの在宅復帰を目指して、入院早期からの退院支援に力を入れていることと、高齢者が安心して療養生活を送れるよう認知症看護認定看護師を中心に、認知症ケアの理解を深め、対応能力を向上させることです。

看護師長より

急性期病院で在院日数はどんどん短くなってきています。患者さん、ご家族と接する時間も限られていますが、忙しくても、思いやり、笑顔を大切にして相手の立場に立って考えられる看護師になってほしいと思っています。研修や本から知識・技術の習得も大事なことですが、できる限りベッドサイドにいる時間を持ち、患者さんやご家族と関わることで、たくさんのことを学び成長していくことができるのではないでしょうか。自分も含め、患者さんから感謝の言葉が聞かれたり、症状が改善して笑顔で退院されたことの嬉しさや感動を忘れず、みんなが生き生きとした顔で看護できるように心がけています。

先輩看護師に聞きました~どんな職場ですか?

消化器内科が中心ですが、様々な疾患をもった患者さんも多く、勉強になります。また、退院支援に力を入れていることも3B病棟の特徴です。やりがいを持って働くことができる職場です。

看護部案内

応募フォーム

資料請求

このページのトップへ