ホーム > 看護部案内 > 4階B病棟

4階B病棟(救急病棟)

部署の内容や特色、患者さんの傾向などについて

4B病棟は31床の救急病棟として2013年7月にオープンしました。救急チーム、循環器チームに分かれて業務を行っています。24時間、緊急入院の患者さんやICUのバックベッドとして産科を除く全科の患者さんを受け入れています。大きな特徴は、夜間の緊急入院は4B病棟で受ける事になっているため、夜勤看護師は他病棟に比べ多く配置しています。夜中の緊急手術や心臓カテーテル検査などもあります。緊急入院

を対象としているため、救急チームの患者さんは、翌日には当該病棟へ移動していく事が多く、長期的に関わることはできませんが、次の病棟や在宅へ繋がる看護を心がけています。循環器チームは退院までの介入が出来ることが多く、退院指導などに力を入れています。対象年齢は0歳~100歳以上と幅広く、病状も様々で患者さんから多くを学べる病棟です。

部署の雰囲気や取り組みを紹介してください

看護師の平均年齢は31歳。様々色々な科を経験したナースが集まっています。どんな状況でも患者さんの声に耳を傾けるように心がけています。適度な緊張感がありますが、みんな明るく仲良しで、いざという時のチームワークはどの病棟にも負けません。幅広い患者さんを受け入れるため、スタッフの要望に合わせた勉強会を企画し、自主的に他病棟の勉強会にも参加しています。また、「災害対応なら4B病棟!」と言われるスタッフの育成を目標に掲げ、搬送訓練やトリアージ訓練に力を入れています。

看護師長より

毎日、転出、緊急入院、ICUからの受け入れ、急変などバタバタしていますが、スタッフは生き生きと働いています。オープン当初は、色々な部署から集まったメンバーで不安が隠せない状況でしたが、今は、依頼が来たら断らないをモットーに、快く入院を受け入れています。助け合う事ができる仲間達です。1人ひとりが心豊かに成長できるように、個々の生活を考慮したシフト作りに努め、日々の経験を通して学びが深められるような環境作りに努めています。 ナースが豊かな気持ちでいる事は、患者さんへのケアに直結すると考えています。“あなたの幸せ→私の幸せ。私の幸せ→あなたの幸せ。”患者さんもスタッフも幸せに過ごせる職場づくり、頑張ります。

先輩看護師に聞きました~どんな職場ですか?

以前はNICUで勤務していたため、新生児への看護しか経験がなく、初めての成人病棟で不安でしたが、様々な科を経験している先輩や同期の助けがあって、今ではスムーズに仕事ができています。協力体制が整っていて仕事がしやすいです。忙しい病棟ですが、様々な科を経験でき、とても勉強になりますよ!

看護部案内

応募フォーム

資料請求

このページのトップへ