ホーム > 看護部案内 > 5階病棟

5階病棟(整形外科病棟)

部署の内容や特色、患者さんの傾向などについて

整形外科病棟は単科で48床と病院内で一番多い病床数です。主に手術目的で入院され、毎日10件近い手術が行なわれています。
疾患は脊椎疾患(頚椎症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症)、膝関節症、大腿部周囲骨折、足関節が多いです。患者さんは幼児から100歳を超える方まで、さまざまな年代の方が入院されます。

部署の雰囲気や取り組みを紹介してください

整形外科ですので、患者さんが前向きにADLの向上にがんばれるよう看護介入を行なっています。また、退院支援にも積極的に取り組んでおり、多職種のカンファレンスでは活発な意見交換がなされています。

看護師長より

20~50歳代までの幅広い年代のスタツフが、明るく仲良くコミュニケーションをはかりながら働いています。
途中入職者や新人が配属されて実地指導者が付きますが、スタッフみんなで育てようという意識が強く丁寧に教えている姿をよく見かけます。
スタッフが楽しく仕事をし、かつキャリアアツプが図れ、自分の時間も持てるようフォローしていきたいと思います。

新人さんに聞きました~どんな職場ですか?

まだまだ慣れないことも多く毎日バタバタしていますが、病棟の雰囲気が良く先輩方がフォローしてくださいます。
また、整形外科病棟ということで手術が多く、日々様々な疾患の患者さんを看るため学ぶことが多いです。大変だなあと思うこともありますが、先輩方からの手厚い指導と患者さんの笑顔のおかげで毎日がんばれています。

看護部案内

応募フォーム

資料請求

このページのトップへ