ホーム > 看護部案内 > 救急外来

救急外来・内視鏡センター

部署の内容や特色、患者さんの傾向などについて

東京都指定の2次救急医療機関です。365日24時間、患者さんが安心して治療を受けられるようにチームで対応しています。軽症の方から緊急手術や緊急カテーテル治療が必要な重症の方まで幅広く受け入れています。内視鏡センターも併設していますので緊急内視鏡治療にも対応しています。

部署の雰囲気や取り組みを紹介してください

30~40歳代の看護師が多く、ママさん看護師もおり、明るく雰囲気の良い職場です。内視鏡センターの業務も担っており、救急看護だけでなく、内視鏡看護も学べます。
救急受入月平均:400件 内視鏡月平均:800件ですので、様々な疾患の看護や技術は経験豊富なスタッフが、ゆっくり丁寧に個人に合わせた指導を行いますので安心して学べます。

看護師長より

患者さんを第一に思いやり、寄り添える看護師が育つように常日頃から積極的にコミュニケーションを育んでいます。救急看護や内視鏡看護は専門性が高く、知識や技術の習得は大変ですが、「学びたい」という気持ちを大切に思い教育に努めています。

先輩看護師に聞きました~どんな職場ですか?

初めて救急外来に配属になりましたが、先輩看護師がゆっくり丁寧に教えてくださるので、安心して働くことができました。

看護部案内

応募フォーム

資料請求

このページのトップへ