ホーム > 先輩看護師一覧 > 先輩看護師メッセージ

先輩看護師メッセージ

八木沼 修一

八木沼 修一

配属先:救外 副主任
入職年:2014年入職

今の病院を選んだ理由は何ですか?

病院見学をした際に病棟や外来を回りましたが、看護師だけでなく医師やコメディカルスタッフの方々に活気があり、職場全体の明るい雰囲気が印象に残りました。
また、希望していた救急外来の拡充が行われ、重症患者の受け入れも積極的に実施するという話を看護部長から聞きました。同時に内視鏡センターの業務も担うということで内視鏡は初めての経験でしたが、看護部での教育体制がしっかりしていると感じ、自分のキャリアアップに繋がると考え荻窪病院を選びました。

今の仕事内容について教えてください

救急外来では、重症から軽度、老若男女問わず患者さんを診ており、幅広い疾患と看護の知識を学ぶことができます。
看護師は患者さんからの電話を受けて受診のトリアージを実施している他、救急隊からの収容依頼の電話も看護師が受けており、病院内のスタッフだけではなく地域消防と連携をとりながらチーム医療を行っています。
内視鏡センターでは、内視鏡検査による消化管や肝胆膵疾患の早期発見と治療の介助を行っており、治療に関しては消化管ESDや肝胆膵ERCPなどの高度な介助手技も看護師が行うため、やりがいを持って様々な技術と知識を身につけることが出来ます。
救急外来と内視鏡センターは二つで一つの部署になるため、救急外来において緊急的に内視鏡処置が必要な患者さんがいても昼夜問わず円滑な内視鏡治療が行えています。

病院の良いところ何でしょうか?

地域に密着した病院であり、患者さんだけでなく地域病院や開業医、消防からも信頼されていると感じられる病院です。
荻窪病院は病床数が252床と中規模の病院になりますが、大病院でないことが看護師同士や他職種との連携において優れていると感じます。
また、自分が明確な目標を持つと、その目標の実現に向けて先輩上司が真剣に相談に乗ってくれ、応援してくれる風土があるところがよいと思います。

職場の雰囲気はどうですか?

業務は多忙ですが、年齢20代から40代と看護師のキャリアも幅広く、様々な経験を積んだスタッフ達が、持ちつ持たれつ毎日助け合いながら勤務をしています。
ただ、仕事のONとOFFはしっかりと区別しており、職場内での定期的な飲み会や、プライベートで仲間と食事にも行ったりしています。スタッフ間で意見の交換がしやすい雰囲気が良いところだと感じています。

就職・見学を考えている人へ一言

荻窪病院は高度な処置も多く、仕事の忙しさはありますが日々やりがいを感じながら勤務を行うことができます。
自分のやりたい看護の実現に向けてバックアップがあり、自身のキャリアアップにつなげることができる荻窪病院でぜひ一緒に働きませんか?

先輩看護師

応募フォーム

資料請求

このページのトップへ