ホーム > 4階B病棟

4階B病棟(救急病棟)

部署の内容や特色、患者さんの傾向などについて

4B病棟は31床の救急病棟として2013年にオープンし9年目になります。24時間、緊急入院の患者さんやICUのバックベッドとして全科の患者さんを受け入れています。緊急入院を対象としていることが多いため、翌日には当該病棟へ移動していく事も多いですが、多職種によるカンファレンスを開き、次の病棟や在宅へ繋がる看護を心がけています。また退院までの介入が出来る患者さんには、退院指導などに力を入れています。対象年齢は0歳~100歳以上と幅広く、病状も様々で患者さんから多くを学べる病棟です。

部署の雰囲気や取り組みを紹介してください

看護師の平均年齢は33歳。色々な科を経験した看護師が集まっています。どんな状況でも患者さんの声に耳を傾けるように心がけています。適度な緊張感がありますが、みんな明るく元気に働いています。いざという時のチームワークはどの病棟にも負けません。幅広い患者さんを受け入れるため、病棟内での勉強会の企画も積極的に行っています。

看護師長より

全ての科の患者さんを受け入れており忙しい日々ですが、スタッフみんなで協力し合い業務を行っています。また忙しい中でも“その人らしさを大切にした看護”を常に心がけています。そしてスタッフにとっても働きやすい病棟となるよう、お互いに意見を言いやすい風土づくりやスタッフの意見を取り入れた病棟運営を行っています。

新人さんに聞きました~どんな職場ですか?

病棟は明るい雰囲気です。患者さんのことで困ることがあればすぐに先輩に相談したり、カンファレンスが行えます。また、いつも先輩が方が「大丈夫?」と気にかけてくださいます。救急病棟ではありますが、急性期のことだけでなく在宅支援や地域連携も学ぶことができます。

部署紹介

応募フォーム

資料請求

看護部紹介動画

このページのトップへ